産業用太陽光発電のメリット

   工場の屋根はとても広いスペースがありますが、工場によってはとても日当たりの良い屋根を持つ場所も在ります。このような工場の屋根にソーラーパネルを設置する事で、多くの発電を可能にしてくれると言います。
    
   これは一般の住宅に設置するソーラーパネルと性能そのものは同じであっても、多くのソーラーパネルを設置できることや、利用目的が産業用と言う事からも、一般的な住宅の太陽光発電とは分けられています。工場の中では、様々な産業用機械が利用されており、電気料金も多く掛かります。
     
  これらは企業が負担をしているわけですが、これに太陽光発電の設備が導入される事で、余剰電力買取り制度であれば、工場の中で利用しなかった余剰電力は電力会社に買取りされ、電気代を節約する事が可能になりますし、万が一停電が起きた時でも、工場の中には発電した電力がありますので、機械を動かせるというメリットもあります。震災などの災害時などの場合、ガスや電気と言ったライフラインが停止することからも、停電の状態になる事が多くあります。
      
  また、災害時でも、工場や工場で働く人々が正常の状態であれば、太陽光発電設備があれば、工場は稼動させる事が出来るというメリットもあるのです。