TAOKE(タオケイ)が低圧向け「SmartPV遠隔監視&出力制御システム」を発売

TAOKE(タオケイ)は、クラウド型太陽光遠隔監視サービスを開発したパイオニア企業で、世界18ヵ国2GW超の発電所を監視し、日本では1000ケ所以上の発電所に導入されている。同社はOSの組み上げから基盤の設計・製造まで一貫して自社で手掛け、品質を管理しつつ低価格での提供を可能にした。

同社の太陽光遠隔監視システム「SmartPV」は太陽光発電システムのデータ収集、保管と管理・サポートサービスを長期に渡り発電所オーナーに提供している。データロガーで取得したデータはクラウドサーバーに蓄積され、携帯アプリやパソコンなどの管理画面より確認することができる。管理画面は複数の発電所を管理する場合や発電状況の詳細を把握しやすい構成になっている。「SmartPV」1台でPCS12台まで接続可能で、国内外のほとんどのPCSに対応している。

FIT法改正によりO&M(発電所の管理・保守)や出力制御対応の重要度が増すなか、同社は低圧太陽光発電所向けの「SmartPV太陽光遠隔監視&出力制御システム」をリリースし、2017年7月から販売を開始した。現在はオムロン、パナソニック、デルタ電子、ファーウェイ4社のパワコンに対応している。TAOKEのデータロガー、パワコンメーカーの出力制御ユニットと3Gルータをパッケージ化し、10年間通信費用込みでオーナーの手間を低減する。