2017.8.3PVビジネスセミナーに参加

TAOKE株式会社 営業部部長
ウ・ホウヒ氏「低圧太陽光O&M」
改正FIT法により、これまで以上に重視されることになった低圧太陽光発電所のO&M(運用・保守)。中国・上海に本拠をもつ世界屈指の太陽光発電遠隔監視システム企業・TAOKE(タオケイ)は、豊富な実績をベースにした最新ソリューション「Smart PV」を提案する。Smart PVは、各パワーコンディショナから取得したデータをクラウドサーバに蓄積し、パソコンやスマホで簡単に確認できる遠隔監視システム。発電量の測定・表示はもちろん、電力会社の出力制御スケジュールに応じたパワコンの遠隔制御も可能だ。発電所レポート機能などに加え、複数の発電所の発電能力を比較する機能もついているので、各発電所の価値を見極める際にも役立ってくれるという。